2015年1月15日

NI+C、SoftLayer販売代理店契約を締結し、
「NI+C SoftLayerコンピテンシー・センター」を新設

~ パートナー企業への支援体制作り、クラウドビジネスの体制強化 ~

 

日本情報通信株式会社

日本情報通信株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:廣瀬雄二郎、以下 NI+C)は、SoftLayerの子会社であるSoftLayer Dutch Holdings B.V.(本社:オランダ アムステルダム、CEO:Lance Crosby)と販売代理店契約を締結いたしました。今後、NI+Cは、IBMのクラウドサービスであるSoftLayerの提供について、従来のNI+Cからお客様への販売に加え、パートナー企業経由での代理店販売を開始いたします。

これを機に、NI+Cは、SoftLayerビジネスをサポートする「NI+C SoftLayerコンピテンシー・センター」を立ち上げ、パートナー企業との協業ビジネスをより加速させます。「NI+C SoftLayerコンピテンシー・センター」は、NI+Cのパートナー企業の皆様がそのお客様に行う、提案、見積もり、契約、手配までの流れを支援するとともに技術支援も行います。NI+Cのパートナー企業は、NI+CよりSoftLayerの説明書、見積もりツール、構築ノウハウ等のサポートを受けつつ、各パートナー企業が有するソリューションをSoftLayer上に展開して、パートナー企業の顧客にクラウドソリューションを提案することが可能になります。ソリューションに強みを有するパートナー企業と、SoftLayerサービスの提供ノウハウを有するNI+Cとが連携することで、これまで以上にお客様の利用環境に応じたクラウド提案を行い、お客様のビジネスパートナーとして、お客様のビジネスを支援します。

また昨年末には、日本初のSoftLayerクラウド・データセンターが東京に開設されました。これにより、日本国内での保持が求められている機密データの活用や保管を行うことができる日本のデータセンターとして、データの保管場所やプライバシーに対する関心が高まる業界の課題に対応が可能です。NI+Cは、SoftLayerのグローバル・ネットワークを日本の顧客の皆様に活用していただけるよう、パートナー企業との協業で支援していきます。

<< NI+Cクラウドインフォメーションサイトのご紹介 >>
パートナー企業のSoftLayer販売に役立つ情報、NI+C が提供するクラウドサービスに関する独自サービス、SE の機能検証に基づく技術情報、セミナー情報などをご覧いただけます。
http://niccloud.niandc.ne.jp/

【日本情報通信株式会社】
日本情報通信株式会社(NI+C)は、1985年に日本電信電話株式会社(NTT)と日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)の合弁会社として設立されました。システム開発から基盤構築、ネットワークサービス、運用保守までをトータルに、お客様ニーズに最適なICTソリューションを提案、提供し、さまざまな業界における大規模システムの経験が豊富です。現在、成長ビジネスとして、ハイバリュー・ソフトウェアを活用したソリューション事業や、クラウドサービスをはじめ、EDI(電子データ交換)を含むネットワークサービスを展開。お客様の経営課題解決に貢献できる真のベストパートナーを目指しています。

記載の製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは、該当する各社・団体の商標または登録商標です。


▼SoftLayerに関するお問い合わせ先
クラウド&マネージドサービス事業部
クラウドサービス部 クラウドサービスグループSoftLayerに関するお問い合わせ先: sl_sales@NIandC.co.jp
コンピテンシー・センター(パートナー様受付): sl_cc@NIandC.co.jp▼本件に関する報道関係者お問い合わせ先
HRM統括 総務部 広報担当
白井/後藤
TEL:03-6278-1115
E-mail:koho@NIandC.co.jp