表題の通り、従来「SoftLayer」としてご利用いただいておりましたIBMのInfrastructures as a Serviceのブランドは「Bluemix」ブランドへ統合されることがIBMより発表されました。
これまでIBMクラウドサービスでは、SoftLayer(IaaS)とBluemix(PaaS)、そしてPrivateCloudのBlueBoxとして展開しておりましたが、これより全てBluemixブランドとして統合されます。SoftLayerの今後の名称は「IBM Bluemix Infrastructure(IBM Bluemix IaaS)」となります。

従来の仮想サーバ/ベアメタルサーバと言ったSoftLayerの持つ利点はそのままに、開発プラットフォームであるPaaS環境、そして100種類以上あるサービス群を利用していただくことが可能になります。既にご利用の管理コンソールで、それぞれのブランドのリソースへアクセスすることが出来るようになります。

変更点

  • ブランド名称の変更開始日: 平成28年10月24日
  • ブランド名称が変更されるサービス:
    • 【変更前】IBM SoftLayer
    • 【変更後】IBM Bluemix Infrastructure

変更内容

  • これまで利用されていたSoftLayerの機能や動作環境に関しては、Bluemixに統合された後もこれまでのSoftLayer同様にご利用頂くことが可能です。
  • これまでBluemix,SoftLayerで個別に提供されていた機能については、今後どちらのプラットフォームでも利用可能となります。
  • Bluemix上で、これまでSoftLayerポータルで提供されていた画面をご利用となる場合には、Bluemixのコンソール画面にて「インフラストラクチャータブ」を選択いただくことで利用が可能となります。

Web経由で購入頂くお客様に対して、いち早くSoftLayerとBluemixを共有のインターフェース、共有のID、共有の請求が利用できる環境がスタートします。既にお使いいただいているお客様へも同様の環境の提供が予定されておりますが、提供時期の詳細につきましては確定次第お知らせします。

図:Bluemixのカタログに内に表示された旧SoftLayerのサーバ群のアイコン
screen-shot-2016-10-26-at-11-57-34

現在、利用するためのIDの統合化が進んでおります。今後、請求のための処理の統合やサービス仕様としての統合が進んでいくと考えております。日本情報通信株式会社はSoftLayer/Bluemix両ブランドを先駆けて展開しておりました。このブランド統合後、これまでSoftLayerを利用していたお客様、Bluemixを利用していたお客様に対して今後ともクラウドサービスの向上に専心し、お客様にご満足いただけるよう、最善の努力を尽くす所存でございますので、より一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。